カミソリ負けにならない方法!正しいムダ毛の処理方法

Written by:


剃毛後の肌はとっても敏感!

カミソリ負けとは、カミソリを用いたシェービングの後に起こる肌トラブルの総称です。ヒリヒリする、赤みが出る、ブツブツができるなどが具体的な症状です。せっかく自己処理でムダ毛が無くなっても、カミソリ負けになってしまうのは嫌ですよね。では、カミソリ負けを防ぐためには、どのような事に気をつけて自己処理をすれば良いのでしょうか。今回はカミソリ負けになりにくいムダ毛の処理方法を2つ紹介します。

カミソリ負けにならないムダ毛の処理方法!

カミソリ負けになりにくいムダ毛の処理方法、1つ目は順剃りをする事です。順剃りとは毛流れに沿ってカミソリの刃を滑らせて剃ることを言います。ムダ毛をより根本から剃りたいと思って、毛流れに逆らって剃る逆剃りをしている方もいると思いますが、肌への負担が大きいため、避けるようにして下さい。

2つ目は、シェービング用のクリームやジェルを使って剃る事です。毛を剃る際、ボディーソープを使うという方は少なくないと思いますが、皮脂を洗い落としてしまい、肌が乾燥してよりカミソリ負けになりやすくなってしまいます。シェービング専用のクリームやジェルは、肌を保護してくれたり、ムダ毛を剃りやすい状態にしてくれるなど、カミソリ負けを防いでくれる以外にも嬉しい効果がたくさんあります。今までボディーソープを使っていた方は、専用のクリームやジェルを使うようにしてみて下さい。

正しいムダ毛処理で、自信の持てる肌に!

以上がカミソリ負けになりにくいムダ毛処理の方法です。正しいムダ毛処理を繰り返し行えば、カミソリ負けを克服することは、個人差はありますが十分可能です。肌見せのできる綺麗で自信の持てる肌になれるといいですね。

日本では、アメリカ国内にある協会が定める定義に沿って永久脱毛という言葉を使用しています。この場合、最後に施術をしてから1か月後の毛の再生率が20%以下の場合を指します。