健康と美容をサポートしてくれる、麹の酵素ってなに?

Written by:


そもそも麹と酵素の関係は?

最近、テレビの健康番組や雑誌などで、麹が取り上げられているのをよく目にします。麹は、蒸した米・麦・大豆などにコウジカビを繁殖させたもので、味噌や醤油、日本酒などの醸造には欠かせません。塩麹もブームになりましたね。日本人の食生活とは切っても切れない関係にある麹ですが、実は、この麹には、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなど、30種類以上、一説には100種類以上の酵素が含まれています。麹はまさしく「酵素の宝庫」なのです。

酵素ってなに?どんな働きをしてくれるの?

酵素とは、細胞によって作られ、生体内で起こる化学反応を触媒するタンパク質の総称。この酵素、食物を分解して、その栄養素を吸収しやすくしてくれる「消化」と、必要な物質を体内に取り入れ、不要になった物質を体外に排出してくれる「代謝」の、2つの働きを持っています。特に、麹の酵素の働きの中で最近注目されているのは、オリゴ糖やビタミン類など、健康や美容をサポートしてくれる成分を生成してくれること。麹の酵素が生成するオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサとなるので、腸内の環境を整えるのに役立ちます。また、麹の酵素は、ビタミンB群やナイアシン、ビオチン、パントテン酸、イノシトールなど、肌の代謝に関わると考えられているビタミン類を生成してくれるので、肌の状態を健やかに保つのに役立ちます。

酵素とその生成物を、上手に無理なく摂取するには?

このように、麹の酵素は健康や美容をサポートしてくれますから、積極的に麹を使った食品を食べたいところですが、残念ながら、現代の食生活では、麹を使った食品を摂る機会は徐々に減少する傾向にあるようです。最近多く発売されているサプリメントもうまく併用して、酵素とその生成物を、上手に無理なく体内に取り込むようにしたいですね。

こうじの酵素は、肌の代謝に必要なビタミン類や腸内細菌の餌になるオリゴ糖を生成。栄養素の分解に優れていて、消化・吸収のサポートをしてくれます。