増毛育毛発毛の違いは何?それぞれの目的と選び方

Written by:


増毛育毛発毛の違いとは

髪の毛が薄いというのは、大きなコンプレックスになってしまいます。そのため髪の毛を増やす方法として、増毛、育毛、発毛の3種類を選ぶことができます。

それぞれに方法が異なるため、体質や自分の髪の毛の状態にあった方法を選ぶことが大切です。

まず、増毛とは自分の髪の毛に人工毛を結びつけて髪の毛を増やしたり、特殊なシートを使って人工毛を頭皮に貼り付けることによって髪の毛をボリュームアップさせることを言います。

育毛は文字通り、今ある髪の毛の成長を助けて太く長く抜けにくい髪の毛を育てることになります。

発毛とは、髪の毛が薄くなってしまう原因を抑制することによって髪の毛を生やすことを目的にしています。

それぞれの選び方とは

自分の髪の毛自体を増やしたいのであれば、育毛や発毛がオススメです。

育毛の場合現在生えている髪の毛や頭皮環境を整えることによって抜け毛を防いで、育てていくため様々なケアができます。頭皮環境を整えたり、髪の毛を育成する栄養を与える育毛剤などを使って行います。

深刻な薄毛に悩んでいるのであれば発毛が良いとされています。髪の毛が薄くなる原因である男性ホルモンを抑制したり、頭皮の血行を良くすることによって発毛を促していく方法です。

発毛が効果がない場合には、増毛をオススメします。髪の毛に対して数本の人工毛を結びつけたり、人工毛を頭髪に貼り付けることで髪の毛を確実に増やすことが可能となります。

ただし、それぞれにデメリットもあるため、自分にあった方法でケアすることが大切です。

髪の毛の薄さが気になる方は、アデランスに相談する方法もあります。カツラだけでなく増毛もあり、頭皮の洗い方などのサポートをしてくれます。