レーザー脱毛とは?エステサロンの脱毛との違い

Written by:


レーザー脱毛とはどんな脱毛方法?

レーザー脱毛とはレーザーを当てて毛の成長を司る毛母細胞に働きかけ、組織を破壊する脱毛方法です。

毛周期は成長期、退行期、休止期の三段階に分かれています。レーザー脱毛は成長期のムダ毛にしか効かないので、脱毛する時は個人差はありますが、何回か通う必要があります。

ちなみに組織を破壊する方法は医療行為とされているので、エステサロンで行うと違法行為になります。

レーザー脱毛と光脱毛の違い

レーザー脱毛とエステサロンで行われている光脱毛もムダ毛に光を当てて毛根にダメージを与えるという点では同じです。しかし、大きな違いは組織を破壊するかどうかです。

レーザー脱毛は毛根に光を当てて組織を破壊します。なので継続することで毛のないつるつるな肌になれます。

一方光脱毛の場合、毛根の組織を破壊することは医療行為違反となるので、レーザー脱毛に比べて出力を抑えて光を照射します。なのでムダ毛の成長を抑制しますが、永久脱毛の効果はかなり薄いです。

レーザー脱毛のリスクはあるの?

レーザー脱毛は組織を破壊するので施術中に痛みを伴います。昔に比べたら痛みは感じづらくなってきました。しかし、組織を破壊するので痛みを感じないという事は効果がないという事です。

そして、脱毛には火傷や硬毛化のリスクがあります。脱毛後はしっかりとしたアフターケアが必要です。脱毛直後はクリニックの方が冷却などのアフターケアをしてくれますが、クリニックから帰った後の自宅ケアも大切です。

このように聞くと脱毛は肌に負担をかけるものではないかと思われがちですが、脱毛以上にカミソリや除毛クリーム、ワックスの方が肌への負担が大きいです。その結果カミソリ負けしたり、埋没毛になったりします。

医療レーザー脱毛は、医療機関が取り扱う美容脱毛技術です。医師の監督のもとに家庭用のレーザー脱毛器より強力なマシンを使うため、高い効果が期待できます。